FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さぁ、ゴールデンウイークです!

カレンダーのGWは海上勤務でして、皆さんの
GWの楽しみを影ながら応援させて頂きまして・・・。
お蔭様で、爆釣・・・とまではいきませんでしたが、大いに楽しめました。
で、やっぱり、人並みのGWをすごしたい・・・という事で、明日から旅にでます。
そうなんですよ。バイクで。
コツコツ仕上げてきたGPZ1000RXも、何とか、まともに復活した次第で・・・。
うれしくてね。
最後にまっていたのが、下の写真。
キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!!ってより、届いた!!!って。
100508_1437~01
なんですか?これは?
キャブレターなんです。今の車とか、最近のミニバイクとか、インジェクションに
なってしまって、キャブなんて、ちょっと前の船外機か、バイクとか、発電機位しか
もう、キャブなんて使われていないのでしょうかね?
とにかく、新品で買うと十万超えるし、インナーのキット買うと、これまた
すべて込みで計算すると、片手諭吉分。なにぶん古いバイクなので、パーツとか
いろいろ代用できるか、調べてみると・・・・。おお!
ZRX1200のキャブが・・・付いちゃうみたい。
しかも、ポン付けで。
さっそくヤフオク。
ありました。純正・・・ということだけあって、安い。FCRキャブとかは、えらい
値が付いていますが・・・。バイクも古いから純正で。
100508_1458~01
みようみまねで、洗浄なんかしてみましたが・・・。
取り付けはプロに任せようかと。
100509_1441~01
で、つけちゃいました。K-TRICとありますが、そんな高価なセッティングは
1000RXにはありませんのでキャンセル。ZRX1200とは違うので・・・ハイ。
ポン付け・・・と言いましたが、アイドル調整のツマミと、ジェットだけ、RXのものを移植。
谷間も、カブリもなくなり、ブッ飛ぶ加速が戻ってきました!24年も前のバイクにしては
よい加速♪最近のは、もっとブッ飛びなのでしょうね・・・。
で、雨の中、日本橋。電気街です。メイド喫茶の誘惑に打ち勝ちながら、パーツ屋で
いろいろ物色。ケトラのマイク+スピーカーはとても高価で買えないから、改造戦法で
何とかお安くしあげたろかいな・・と。
ありました!パソコンパーツですが・・・チャット用とかありますが・・・・
IMGP3330-1.jpg
380円とは!!エライ!!即買い。
なんと、ピンモジュール。きました!さっそく改造ですね。
IMGP3331-1.jpg
まずはバラバラに。使えるスピーカーと、スピーカーステーと配線は残して・・・。
無線機側は1端子のモノラル構造だから、買ってきた380円キットのステレオヘッドフォンを
繋いでも、片方のスピーカーからしか、音は聞こえません。
聞こえる配線から、並列で結線すれば、2スピーカーに。でも、悲しいことにモノラル。
爆音で1スピーカーは聞こえないから、せめて2つの悲しい抵抗・・・。
IMGP3334-1.jpg
IMGP3335-1.jpg
モノラル2スピーカー完成♪
ヘルメットに忍ばせたら完了。次はマイク。
これは少し手間取って、写真を撮るのを忘れてしまって・・・。
スタンダードの写真の無線機は2.5パイの1極なので、同じピンジャックを用意して
380円のセットに付いていたピンを付け替える必要があって・・・。
まぁ、取って、付けての簡単作業。
で、このまま無線機の穴にピンジャックを入れてしまうと送信しっぱなしになるから
PTTスイッチを付けないと。2本ある線をテキトーに1線だけ切って、
(どちらかが+でどちらかが-なだけだから)スイッチをつければOK。
バイクは左手がクラッチだから、このハンドルにスイッチをつければ、喋りたいときだけON。
相手の声を聞きたいときは、OFF。この操作で無線交信ができる。
後は使い物になるか否か。ケテルに勝てるか?ビンボーチューニングで。
アンテナも新品に。昨年は信州ツーリングでふわわKm/hでアンテナ吹っ飛ん
でどこかに行ってしまったから、今年はアロンアルファーでがっちり固定したった。
福井県は明日は午前中40%雨予報。能登の付近まで行ってきます。
また、写真UPしますね・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

seabass guid

Author:seabass guid
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。